枕草子(まくらのそうし)。秋は夕暮。

枕草子(まくらのそうし)
清少納言(せいしょうなごん)

秋は夕暮。
夕日のさして、
山のは、いと、近うなりたるに
からすの寝どころへ行くとて、
三つ四つ、二つ三つなど、
飛び急ぐさへあわれなり。
まいて、雁などの連ねたるが、
いと、小さく見ゆるは、いと、をかし。
日、入りはてて、風の音、虫の音など、
はた、いふべきにあらず。

八月の「萩に雁」
紅溜塗(べにためぬり)、ハ角茶器(はっかくちゃき)です。

「枕草子の秋は夕暮」を詠み、梅園さんの干菓子と八月の茶碗で一服しました。

20140816-120738.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です