赤とんぼ

赤とんぼ

(三木露風作詞、山田耕筰作曲)
大正10年「樫の実」詞、後改作。昭和2年「童謡百曲集」曲。

夕焼小焼の、赤とんぼ
負われて見たのは、いつの日か

山の畑の、桑の実を
小籠(こかご)に摘んだは、まぼろしか

夕焼小焼の、赤とんぼ
とまっているよ、竿の先。

我が家の庭で、トマトの竿に止まっている「赤とんぼ」です。

私が、中々撮れないのを気遣って、娘が撮ってくれました。

IMG_9611.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です