令和二年七月豪雨を経て

令和二年はコロナ騒ぎで始まりました。

その後は自粛生活が続きました。

漸く一段落したと思ったら、今度は「令和二年七月豪雨」です。

恐ろしい雨が何度も降りました。

その後も、雨が降る度に、竹藪の向こう側の地滑りが広がります。

毎日が祈りです。

たまに青空も見えますが、真っ白な空が続いています。

日照時間が少なかったので、今年はなかなか桔梗が咲きませんでした。

蕾のうちに切花にして、雨の降る中、家の中で花が咲くのを楽しみにしていました。

元木鶏クラブの友人から頂いた大切な花です。

土手の木槿(むくげ)も今年は二輪だけでした。

元茶道師匠から頂いた思い出の茶花です。

雨が止むと、待っていたかのように蝉達が一斉に鳴きだします。

お天気が猫の目のように変わるので、洗濯物を出したり入れたりするのが大変です。

晴れても降っても曇っても、めだか達は元気にしています。

もうすぐ梅雨も明けるでしょう。

皆様どうぞご自愛下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です