平成最後の夏

猛暑続きの2018年です。

暑さに負けずに咲いてくれた百合のシーズンも終わり、種を待つばかりとなりました。

秋風に誘われて咲き始めた桔梗の花も、半日で萎れてしまいます。

四月末から歯の治療に通っています。

下の奥歯なので抜歯をためらっていましたが、お盆休みにとうとう腫れあがってしまいました。

休み明けに抜歯をしてもらい、どうにか痛みも治って、満足な食事が出来るようになりました。

八十歳にもなると健康管理が大変で、手料理で人様をもてなす処ではありません。

暑さにかまけて寝たり起きたりの生活をしていますが、朝夕はメダカの世話をしています。

豪雨で流されたり、暑さで弱ったりと、色々有りましたが、生き残ったメダカ達は元気に泳いでいます。

今朝は久しぶりに、チョットコイの鳴き声を聴きました。

朝は爽やかな秋風です。

明け方は冷んやりして少し寒いくらいです。

季節の変わり目なので、無理をしないようにしています。

皆様もどうぞご自愛ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です