能因法師の歌

秋、百人一首茶碗(能因法師)の歌。

嵐吹く

三室(みむろ)の山の

もみじ葉は

竜田の川の

錦なりけり。

親友のルミ子さんが、俳句大会の帰りに立ち寄られました。

百人一首(69)能因法師(のういんほうし)の季節の茶碗と季節の菓子(栗、もみじ、松茸、どんぐり)で、たのしみ、お茶一服いたしました。

秋の風情を愉しみながら、日本の良さを語りあいました。

20131027-103006.jpg

1 thought on “能因法師の歌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です