最後の手料理

9月の最終日にお客様がありました。

私が園長をしていた頃から保育園に勤めていた2人の保母さんです。

1人が退職したので、私に会いたいと言うことでした。

私も八十歳になりました。

これが最後のおもてなしです。

数日かけて準備しました。

器類も戸棚から出して洗い、縁側に干して綺麗に乾かしました。

当日の台所の様子です。

鮭のホイル焼きです。

ホイルの上に、旬の野菜を重ねて置きました。 鮭を乗せる前に。バター、甘酒、味噌を隠し味として野菜の上に置きました。 鮭の上にはカボスを乗せてから蒸し焼きにしました。

今回は縁側に応接台を出して、お料理をセットしました。

左側の小鉢は大根と人参、こんにゃくと油揚の煮物です。
その右横は、夫々に味付けした蓮根、牛蒡、茄子の針生姜煮浸しです。
右端は私の十八番の豆腐ハンバーグ。 「絶品!」と2人とも喜ばれました。

ゴーヤ味噌、冬瓜の葛掛け、鶏肉の蒸し焼きに生野菜添えも喜ばれました。

綺麗に揃えたもやしは小松菜と一緒に茹でて、粗挽きピーナツと柚子を搾り、和えました。

最後は味噌汁と御飯。 4ヶ月ぶりのお袋の味に満足の様子でした。

残った料理は、お土産に持ち帰ってもらいました。

惣菜も酢の物もすっかり片付いたので、その日の内に我が家用に作りました。

心豊かな好日でした。

 

1 thought on “最後の手料理

  1. 武田シズカ様

    お元気でいらっしゃいますか?
    直近には、お茶をありがとうございました。
    私も少し落ち着いてまいりました。
    簡単なメッセージを御礼までに。

    玉置豊美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です