卯月の花は熊野の桜

春は桜。

以前にもご紹介した卯月のお茶盌です。

能楽十二曲の内の熊野です。

能楽十二曲の内の卯月の茶盌は熊野

今は亡き園田宗柳先生を思い出します。

良い師に恵まれ、良いお道具に恵まれました。

四月の桜

今日は2017年4月2日。4月最初の日曜日です。

桜の花を見たいと思って、近所の池の畔の山桜を観に行きました。

まだ5分咲きでした。

春は桜。

桜の薄茶器を箱から出して、その美しさにしばしみとれた日曜日です。

桜の薄茶器

わが家の縁側でお花見をしました。

桜の薄茶器

 

 

能楽十二曲の卯月は熊野

四月のお茶碗は熊野です。
「熊野」という能仕舞をテーマにした茶椀です。

20130403-090255.jpg

立ち出て
峰の雲、
花やあらぬ
初桜の
祇園林、
下河原の絵

平宗盛に因んだ物語に歌が添えてありました。

いかにせん
都の春も
惜しけれど
馴れし東の
花や散るらん

美しい花の都を舞台に
老母の身を気遣いながら舞う
麗人の姿を憶び美しい桜咲く
東山の連峰が描かれています。

四月にはこの茶碗で一服差し上げます。

お菓子は頂き物で、
京都南禅寺、菓匠、清閑院の作。
銘は「雅車」です。

20130403-093722.jpg

ここにも日本の歴史と優雅な文化を見ることができます。

 

花かげの物語

親友のルミ子さんが、私に読んで欲しいと
「花かげの物語」(土居善胤著)」という本を
ご自分の俳句に添えて、持って来て下さいました。

彼女の詩です。

友の詠む
桧原(ひばる)桜にあいたくて
車のりつぎ
花守りの旅

「花かげの物語」は
福岡市内の桧原地区に咲いてた桜の木が
道路拡張の為に伐採されるのを哀しんだ人々が
桜の木に俳句を下げて守ったという実話です。
桧原桜に因んだ歌問答が記されています。

花守り進藤市長殿

花あわれ
せめてはあと二旬
ついの開花を許したまえ

当時の土木関係者によって
工事は途中で中止となり、市長より返句が来ました。

桜花(はな)惜しむ
大和心の
うるわしや
とわに匂わん
花の心は

桧原桜助命の話に
当時の市長さんの人柄と答句に敬服しました。

「終(つい)の開花」から「永遠(とわ)の開花」へ
筑前花守りは、花も実もある武士(もののふ)でした。

と当時の市長さんは今もって語り伝えられています。

桜の花に因んだ大和魂と
武士(もののふ)の心意気に感動し敬服しました。

20130326-090859.jpg
アマゾンでお求めになれます。
花かげの物語

桜の花と春のお軸

春の軸を掛けて、百人一首を詠んでいます。

20130321-192548.jpg

世の中に
たえて桜のなかりせば、
春のこころは
のどけからまし

在原業平の一首です。

急に暖かくなったので、
三池公園の桜の花が一度に開きました。

20130321-195107.jpg

百人一首から、桜にちなんだ歌を3首。

第61首

いにしへの
奈良の都の八重桜
けふ九重に匂ひぬるかな

伊勢大輔(いせのたいふ)

第66首

もろともに
あはれと思へ山桜
花よりほかに知る人もなし

大僧正行尊(だいそうじゃうぎゃうそん)

第73首

高砂の
尾上の桜咲きにけり
外山の霞立たずもあらなむ

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

毎月一回、朗読を学んでいます。
百人一首の大意の言葉のイントネーションや
アクセントを修正してもらいますが、中々上手くいきません。

時々、先生から

「完璧!」

というお言葉を頂戴しても、 内心では納得できません。

朗読を学び始めて5年になりますが、
難しいので長続きしているのかも知れません。

百人一首は昨年の7月からですが、
四季折々の自然を愛でて詠む楽しさがあります。

古の雅な人びとを連想しながら、
心の豊かさや情景の美しさ、
素直な表現と鋭い感性に多くを学んでいます。

20130321-195535.jpg